現役お茶大生が教える!お茶の水女子大学の好きなところ10選!

お茶大生の特徴、イメージ お茶大の基本情報
スポンサーリンク

こんにちは!現役お茶大生の茶々です。

お茶大って人数も少なく、学生がニュースになることもあまり無いので、なんだか謎に満ち溢れていますよね。。

実際のところお茶の水女子大学ってどんな大学なの?評判はいいの??具体的に何がいいの???と鋭く見定めているそこのあなた!

そんなに真剣に大学と向き合う姿勢は素晴らしいです!!

私はというと、入学前、情報が微量しかないこのお茶大について深く調べることを諦めた悲しい人間ですが、、そんな人が増えないためにも、現役お茶大生が大学の魅力をお伝えしようと思います。

題して、「お茶大の好きなところ10選」です!

現役大学生が教える「お茶大の好きなところ10選」!

あくまで個人的に好きなポイントをご紹介しますので、異論は大いに認めます。

それでは張り切っていきましょ〜

① カフェ

お茶大カフェ

一つ目がカフェって、、大丈夫この大学、、?と思った人いますよね?

侮らないでください、本当に本当に居心地がいいカフェなんです!!

店内は陽の光が入っていてとても明るく、飲み物も食べ物も美味しい上にWi-Fiも完備されており、お茶大生や先生方が多く利用しています。

お茶大の入り口付近にある国際交流留学生プラザという建物(なんと隈研吾さんの建築!)があるのですが、その一階にあるカフェです。

コーヒーやその他の飲み物の種類も豊富なので、いつも何を頼もうか悩んでしまうほど。。

ここのマカロニチーズは美味しくてコスパも良いのでぜひ食べてみてください!

カフェだけであれば一般の方も利用できますので、お茶大の受験を考えている高校生は一度来てみることをお勧めします!

カフェにはお茶大生もよくいるので、学生の雰囲気を知ることもできますよ〜

(カフェのホームページはこちらです)

 

② 先生!!

お茶大 先生

お茶大の先生は本当に素敵な人が多いんです!

いい意味で個性的な先生もちらほらいますが、共通する点はどの先生もとっても寛大で優しいところですかね。

癒しキャラの先生からいつも知的で面白い話をしてくれる先生もいて、授業が楽しみになります。

そして、先生がいつも楽しそうに授業をしていると、どんなに眠くても目を開かずにはいられません。。

お茶大生に授業をサボる人が少ないのは、素敵な先生が多いのも理由の一つかもしれません。

 

③ 安心なセキュリティー

お茶大 警備員

これはとっても重要ですよ!

ご存知の方もいるかもしれませんが、お茶大に入るためには、学生であれば学生証を警備員さんに見せる必要があるんです。

お茶大関係者ではなく、何らかの用事があって入構する人は必ず入り口でチェックされます。

そのため、学園祭の時期以外に学内に一般の人が入ることはなく、基本的には安心安全が保証されていると言えるでしょう。

学生も平和な人が多いように感じるので、学生同士の暴動が起こることは無いと信じています。

学内にバーやパブといった飲酒スペースもないため、治安の良さには自信があります!

 

④ 多様性を認めようとしている点

お茶大トランスジェンダー

以前ニュースでも取り上げられていましたが、お茶の水女子大学では、2020年度からトランスジェンダー学生(戸籍又はパスポート上男性であっても性自認が女性である人)の受入れを開始しています。

また、ジェンダーに関して学べる学科や、全学生が受けられる授業(リベラルアーツ)の中にジェンダーに関する授業もあり、他の大学と比べても様々なジェンダーのあり方に対して寛容な考え方を持った人が多いのではないでしょうか。

もちろん昔の名残のような文化もまだありしますし(大学グッズの色がピンクばかり等)、多様性を認める大学として胸を張るには少し早い気がします。

それでも、お茶大にはメイクをしている学生もいればすっぴんの学生もおり、服装もそれぞれなので、世間的なイメージや理想像に縛られずに過ごすことはできると思います。

まだまだ変えられる部分はありますが、より多くの人が生きやすい世の中にするため、いち早く動き出したという点は、お茶大生として誇りに思っています!

 

⑤ 図書館

お茶大図書館

数年前にリニューアルオープンした図書館!

大きすぎず、小さすぎず、程よいサイズ感がお茶大らしくて良いです。

休憩スペースや勉強スペース、一人読書スペースなど、自分の好きな場所を見つけて何時間でも過ごせる環境が整っています。

コンセントもありますし、ノートパソコンの貸し出しも行っており、課題や勉強には最適です。

個人的な推しポイントは、、トイレです笑

広くて個室の数も多く、学内で一番鏡がたくさんあるので、メイク直しや身嗜みを確認する際に鏡をめぐった喧嘩にならずにすみます。

また、トイレを出てすぐのところにある「眠りのイス(通称)」はリニューアル前から使用されている休憩のための椅子さん方ですが、座り心地が良すぎるのが特徴です。

少し休憩しようと思って座ってしまうとそれはもう一巻の終わりです。

気がついた時には1時間ほど時計が進んでいるでしょう。

ここまでで、人前で寝落ちするほどに居心地のよい図書館だとお分かりいただけたはずです。

 

⑥ 中庭の子供たち

お茶大幼稚園

附属幼稚園や託児施設など3つの施設が学内にあるため、大学を歩いていて小さい子の声が聞こえることは日常茶飯です。

特に、大学本館の中庭を通ると、子供たちの遊びに絡まれることもしばしば。

子供たちが可愛すぎて、授業のある教室に向かっていたことを忘れかけたこともありました。

研究がどんなに大変でも、超寝不足で授業に向かっていても、中庭の天使をみると元気が出ます。

赤ちゃん〜大学生までが同じ敷地で過ごしているというのは、お茶大の魅力の一つです。

 

⑦ 立地

池袋

最寄駅はよくわからないけど、結構いい街にある。それがお茶大です。

文京区にはオフィスや学校、住宅がちょうどいいバランスで存在しており、治安も比較的よいので、過ごしやすい環境だと感じます。

とはいえ、電車で数分の池袋駅 (頑張れば歩けます) に行けば、お店やらなんやら何でもあるので便利です。

最寄駅の茗荷谷駅には、カフェやスーパー、ご飯屋さんなどのお店も多くあるので、とても住みやすい街だと思います。

ただ、多くの人にとって住みやすい一方で、学生の味方である激安スーパーなどはあまりないので、大学付近で一人暮らしを考えている人は注意が必要です。

 

⑧ 幅広い学び

勉強

大学では、学部や学科の授業だけでなく、文理混合リベラルアーツ(LA)と呼ばれる一般教養の授業を履修することができます。

お茶大のLAは、大きく分けて5つの分野に分かれています。

①生命と環境

②色・音・香

③生活世界の安全保障

④ことばと世界

⑤ジェンダー

一つの分野の中にたくさんの授業があり、それらを自らの興味関心に合わせて自由に履修することができます。

学科の内容以外にも様々な授業を受けることができるので、考え方の幅も広がりますし、他学科に友達ができることも多いです。

お茶大は人数が少ないので、学部や学科で縛られることなく交流でき、全学科に友達を作れるのもお茶大のいいところです。

 

⑨ 大学の建物

お茶の水女子大学

学内の施設は、最近リニューアルが進んでいます!

先ほどのカフェが入っている「国際交流留学生プラザ」は、隈研吾建築都市設計事務所による設計で、とってもおしゃれな外観&内装になっています。

この施設はお茶大の正門の右手に位置しており、外からでもその外観を拝むことができます。

また、だいぶ古くなっていた学生生協のお店も新しくなり、すっきりしてきれいになりました!

新しい施設も続々と増えていますが、変わらず古き良きを守り続けているのが「本館」です。

生活科学部の教室がある本館は、昔ながらの木目を強調した内装になっており、廊下には赤いカーペットが敷かれ、とても趣のある建物です。

本館の中には、これまた味わいのある「徽音堂」なる大学講堂があり、現在でも入学式や卒業式で使用されています。

都内の他の大学と比べると小さいキャンパスではありますが、そんなお茶大の中にある「大学本館」「大学講堂」「附属幼稚園園舎」「大学正門」の4つは、なんと国の有形文化財に登録されているんです!

お茶大のキャンパスってなんか古くな〜い?と文句を言いながら入学した愚か者でしたが、国の有形文化財だと聞いてキャンパスが好きになりました笑

これは歴史ある大学ならではの魅力かもしれませんね。

 

⑩ 学生の雰囲気

大学生

学生は多種多様ですが、とてもしっかりしている人とのんびりマイペースな人が多い印象です。

ほとんどの学生に共通している点は、みんな良い意味で落ち着いていて、自分の中に芯を持っているところです。

ご存知かもしれませんが、お茶大は付属高校と大学が繋がっていないため、エスカレーター式で上がってくる内部進学者はほぼいません。

そして、関東出身だけでなく地方出身の学生も多いので、自分の意志でお茶大進学を決め、目標を持って入学してくる人が多いのだと思います。

また、お茶大ではキャリア支援の授業やお茶大OGによる講演会などが開催されており、現役で活躍している方からお話を聞く機会も多くあります。

目標や夢はそれぞれですが、何かに向かって頑張っている友達を見ていると自分も頑張ろうと思えますよね!

お茶大生の雰囲気は大学の一番の魅力です!!

おわり

いかがでしたか?

お茶大の魅力が少しでも伝わっていれば幸いです。

お茶大には他にもたくさんいいところがあります!(学科名が長いとか最寄駅にスタバがないとか、、)

運良くお茶大に入学した人は、ぜひ自分だけのこだわりポイントを探してくださいね。

入学できなくても、大学併設のカフェは誰でも利用できますので、ぜひお茶大生気分を味わってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました〜

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました